アンテナ工事の落とし穴

アンテナ工事には、大きく分けて二通りあります。
専門業者に依頼するか、DIY(日曜大工)でアンテナ工事をするかです。
いずれの場合も、正しい位置に正確な方向に設置しなくてはいけません。
又、受信する電波が弱い地域では、ブースターという受信した電波を増幅させる機器を設置しなければなりません。
アンテナ工事には気を付けるべき落とし穴がいくつかあります。

DIYでアンテナ工事をすることが出来たら、工事費用が安く出来るかもしれません。
ただDIYでアンテナ工事をすることは、余程の専門知識が無い限りはお勧めできません。
アンテナ工事は多くの場合、屋根の上など高いところでの作業をする必要があります。
さらに屋根等には傾斜が付いており、危険な上に困難な作業を強いられます。
多くの場合、時間と手間だけ掛かって、結果的に上手く受信出来ないということが考えられます。

では、専門業者に依頼すれば絶対大丈夫でしょうか。
あまりにもアンテナ工事金額が安い業者は、要注意です。
いい加減な工事をされて、すぐにアンテナに不具合が起こることも考えられます。
最悪の場合、専門業者を名乗って工事費用をだまし取ろうとするケースがあります。
また、専門的な語句を並べて、気が付けば予定を大幅に上回る工事費用を請求されるケースもあります。
専門業者のホームページや、口コミ等、出来る限りの情報を集めて正しくアンテナ工事をしてくれる専門業者を探しましょう。
まともな業者であれば工事費用にもほとんど差がなく、自分の必要に応じたアンテナ工事を依頼することが出来ます。
このサイトでは、アンテナ工事で落とし穴に陥らないためのアンテナ選びのコツをご紹介していきます。

Copyright © 2014 アンテナ工事はどんな事をする All Rights Reserved.